「Radi-Aid」が投げかける疑問

「Radi-Aid」blows your mind with warm breeze

 

ノルウェーの国際協力基金SAIHが展開する「ラディ・エイド(Radi-Aid)」キャンペーン。「アフリカの人々が暖房機(ラディエーター)を極寒に苦しむノルウェーの人々に寄付する」という設定で「Africa for Norway」(Youtube)というパロディー映像を作成したのが始まりだ。開発学や途上国支援でありがちな、かわいそうな人(持たざる人)を幸せな人(持ちうる人)が助けるというシチュエーションは同じだが、何をして彼らを分けているのかといった点に疑問を投げかける面白いアプローチだと感じる。

 

彼らは続編として、チャリティーの紹介ビデオにありがちな表現とその裏側を見せる内容のパロディービデオ「Let’s save Africa!」(Youtube)を製作した。これは、支援対象が必ずしも支援者が思い描くような、例えば「自助能力がない」「ピュアで多面性がない」「与えたものは何だろうが必ず受け取る」といった単純な存在ではなく、自らと同じように多様な面を持つ人間であることを、ブラックユーモアを交えて伝えている。先進国のご都合主義で作るイメージを払拭すべきだという主張が込められている。

 

もちろん、パロディーである以上、これも誇張表現であることに変わりはない。完全に客観的に現状を伝えるメディアなどない。それぞれが主観的に、イデオロギーに則ってメッセージ性を込め、効果的に伝わるように見せているだけだ。これが真実ではないし、全くの嘘でもない。あくまで、「発展途上国」とされる国々をめぐるメディア表現と、それにより植え付けられたステレオタイプに警鐘を鳴らす存在である。

 

SAIHは現在、チャリティー団体のプロモーション動画を見比べて善し悪しを検証するコンテスト「Radi-Aid Award」を毎年開催している。当事者には耳の痛いコンテストだろうが、批評の内容は考えさせられるものばかりで質が高い。日本ではここまで踏み込んで議論されることがないため、どうしてもチャリティーのアピール方法が従来の一辺倒なものになり、訴える内容が偽善や表面的に聞こえ、そして一般大衆との乖離につながるとみる。

 

Advertisements