Live Tweet-pros and cons-

ライブツイート(Live Tweet)――。講演会などのイベントが開催されている時に起きた出来事や発言を、そのイベントに関連したハッシュタグをつけて中継のように配信する行為だ。日本では論者の発言中に携帯電話を操作すると失礼に見られることもあり、あまり普及していないようだが、欧米ではイベントを盛り上げる手法の一環として広く取り入れられている。Wi-Fiのパスワードを教えたりツイート内容をスクリーンに表示したりといった、促進策を行う主催者もいる。イベントのハッシュタグが付いたツイートが多いと、その地域のトレンドとしてランクインするため、主催者としては成功度合いを図る1つの指標にもなっている。

ただ、このライブツイート。瞬間的な効果しかないのが現状だ。

英語ネイティブならば内容を頭にとどめながら限られた文字数内でコメントを打ち込み、論者のツイッターリンクを添えて瞬時に配信することはそれほど難しくはないだろう。積極的に発信とフォローをしていれば臨場感が生まれ、リツイートやフォローが付けば、売名行為にもつながる。一方、非ネイティブ(個人)としては、この作業が障害になる上、他人のツイートを気にし始めると、講演を聞いているのかツイートを聞いているのかわからなくなる。さらに、後々の利にはほとんどつながらない。イベントのハッシュタグがあれども、検索したとて内容全体を俯瞰できるような仕組みにはなっていない上、何人もの参加者が同時に同じ内容を復唱するので、振り返ると「結局何が言いたいの?」状態になる。短い発言が数十並んだとて、言葉足らずでメッセージとしてのインパクトは欠けてしまう。前後の脈略があってこそ際立つ発言が、むやみに切り取られて言葉の海に漂うのは、なんとも勿体ない。

それでもライブツイートが根強いのは、結局現在のデジタル世代が瞬間の短文に満足して次に進むような層だということの反映なのだろうか?発信したことへの満足、世の中に存在を示したことへの満足、そして短期の成果を良とし、長期継続には至らない。自らも反省すべきことだが…努力と工夫を加えることで、より深いものを伝えるように心がけたい。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s