News Impact Summit London 2016 ニュース・インパクト・サミット・ロンドン2016

Trolls, Corruption, Falsehood: Reporting ‘Truth’ in the Digital Age

荒らし、不正、虚偽がはびこるデジタル時代に「真実」を報道する意義2016-05-12 16.37.02

The News Impact Summit is held in London for the second time on May 12th, 2016. This is a one day event organized by European Journalism Centre. This year, they mainly focused on reporting on/in digital age, about the biggest financial leak done and revealed with digital development, and the robust increase of online-bullying toward people such as political leaders and journalists. I would like to list the summary of points and comments made during the sessions.

5月12日にロンドンで開催された2年目のニュース・インパクト・サミット。ヨーロピアン・ジャーナリズム・センター主催の1日イベントなのだが、今年は現在も調査が進んでいる「パナマ文書」暴露の裏側や、オンラインニュースサイトなどで情報発信する者にとって新たな脅威や言論の自由の妨げとなっているインターネット・トロルなど、デジタル時代ならではの内容となった。以下に主な論点やコメントを記載する。

 

◆Panama Papers, Data and Investigation 

パナマ文書、データと調査

Panama Paper consisted of 3 million documents which 370 journalists in the world collaborated on investigating for years. It still has not ended, and ICIJ says that “there are still a lot of stories to be told.” By working on Panama Paper, they “created big international news room (Mar Cabra, ICIJ).” This could be done by the development of online cloud and platforms, to share and work together simultaneously in different parts of the world. The data itself was leaked because it was data, not the actual paper.

パナマ文書は約300万枚の書類から成り、世界中にあるICIJ(国際調査報道ジャーナリスト連合)加盟組織から選ばれたジャーナリスト370人が協力して数年にわたり調査を行ってきた。現在も分析は続いており、ICIJは「まだまだ語られるべきストーリーがある」と強調する。パナマ文書の調査を通じ、ICIJ のCabra職員が「国際的かつ巨大なニュースルームを築いた」と自負する裏側には、オンラインクラウドやプラットフォームの発展によってデータ共有や協業が世界各国で行えるようになったことがあるだろう。まず、リークされたのも文書が実際の紙ではなく電子データだったからである。

One of the platforms they used is Oxwall

ICIJが利用したサービスの一つがOxwall

 

There was conflict over time. When Süddeutsche Zeitung, the newspaper which gained the data, wanted to reveal the story ASAP, ICIJ realized they need more time on investigation. Offshore company itself is not illegal, but having it means there is some reason behind or something to hide.

“Data source is like person, it can lie to you” (Helena Bengtsson, The Guardian).

なお、リークから発表までには、最初にデータを得た南ドイツ新聞とICIJの間で葛藤もあったようだ。早く特ダネとして発信したい南ドイツ新聞と、調査に多くの時間を割きたい ICIJ。オフショア企業やペーパーカンパニー創設自体は違法ではないが、所持するにはそれなりの理由があり、資金洗浄や租税回避の可能性もゼロではない。ただ、慎重さは必須だ。

「情報データは人のようなもの、嘘をつくこともある」とパナマ文書の調査を担ったガーディアンの記者Bengtsson氏は語る。

 

◆Internet Bots and Trolls

インターネット・ボットとインターネット・トロル

Some social bots create political discourse and could influence society, create public opinion, create “morale panic”. These are programmed and automated attacks, while there is also so called “Troll’s Factory” which a group of people get organized and manually attack particular personal and its social media. Bots and Trolls can be used as part of propaganda as it spreads positive comment of them/negative comment of opponents.

インターネット・ボット(ボット)が作り出した政治的意図を含む言い回しや表現が広まることにより、社会に影響を与え、世論をつくり、時に「モラルパニック」にも発展する。ボットはプログラム化され、自動的に行うが、「トロル・ファクトリー」と呼ばれる集団がマニュアル的に特定の個人とソーシャルメディアを攻撃することもある。ボットやトロルはプロパガンダとして使われることもあり、例えばある政治団体にとって好意的なコメントや反対派にとって否定的なコメントを量産する。

It is “information chess game with strategy” (Peter Pomerantsev, Legatum Institute in London). “There is media doing journalism while there is media doing only propaganda” (Jessikka Aro, YLE Kioski).

シンクタンクLegatum InstituteのPomerantsev氏は「戦略に裏打ちされた情報のチェスゲームだ」と語り、トロルについて取材・調査を進める上で被害にも遭ったYLE Kioskiの記者Aro氏は「ジャーナリズムを追求するメディアがある一方で、プロパガンダしか行わないメディアがいる」と憤慨する。

 

Political Bots are “the latest and pervasive innovation in computational propaganda” (Samuel Woolley, Oxford Internet Institute & University of Washington).

ボットを研究対象とするSamuel Woolley氏は「政治的ボットは、コンピューターを駆使するプロパガンダにおける最新かつ普及性を持つイノベーションだ」と話す。

2016-05-12 13.41.26

While Facebook is accused of manipulating the flow of information to give advantage on conservative view, Twitter wants to stay away from political involvement. When it comes to the freedom of speech, everyone shuts action like a sensitive issue.

フェイスブックが保守的な情報のネット上での広がりに加担したとして批判される一方、ツイッターは政治的な介入を避ける傾向にあるという。米国では特にそうだが、「言論の自由」を振りかざされると、腫れ物に触るように手が出なくなる。

Responding strategies he provided seemed simple and nothing different from what people do in actual life, such as 1) Don’t overreact, 2) Work to identify origin of attack, 3) Identify attack objective/ target audience 4) Use alternative communication channels.

対処法として、1)過剰に反応しない、2)攻撃の元を特定する、3)攻撃対象を突き止める、4)他のサイトやSNSを使う、などを挙げていたが、結局実生活上で嫌なことをされた時の対処法と大して変化はない印象を受けた。結局のところ、人間の所業なのだろう。

There are cases that the misinformation Bots created got reported by actual news media, because it did not do the fact check. On the other hand, if Bots are used in good way, it could be the “information radiator” with endless opportunity for journalists to use it too.

ボットが作り出した虚偽が、実際の出来事として取り上げられたという恥ずかしい事例もあるそうだ。それは、事実確認を怠ったメディアに責任があるように思うが。一方でWoolley氏は、ジャーナリストがボットを良い方向で利用することができれば、情報拡散ツールとしては無限の可能性があると強調する。

 

◆Trolls, online harassment and women in media

メディア上での女性に対するトロルやオンライン・ハラスメント

2016-05-12 16.18.32

There is an organization called “Trolls busters” which female journalists can report on the online abuses or cyber-attacks happened to them. The organization finds targets of cyber-attacks and support victims through legal entity.

「トロル・バスターズ」という、オンライン上で嫌がらせを受けた女性ジャーナリストやブロガーなどにとっての駆け込み寺がある。この団体はターゲットを特定し、法的措置で被害者を守る活動をしている。

There is a tendency that “sensitive subjects written by female more likely to get blocked comments than men” and “Top 10 regular commentators in The Gardian who are mostly abused are 8 women (of 4 coloured) and 2 men (both Black)” (Becky Gardiner, Goldsmiths University of London).

その背景には、「デリケートな話題を女性記者が書いた場合、男性記者より否定的なコメントが寄せられやすい」(ロンドン大学ゴールドスミス校のGardiner氏)、といった現状がある。また同氏によると、コメンテーターのうち、最もオンラインコメント上で嫌がらせを受ける10人を調べたところ8人が女性(うち4人が有色人種)で、2人が黒人男性だったそうだ。

 

 

雑感:

デジタル社会ならではの新たな脅威があり、新たなサイバー戦争があり、それらへの対処法がある。現実社会では隠されている、もしくは隠そうとする人間の本質的な部分、中傷や怠惰、見えないものへの懸念と恐怖などの感情がバーチャル世界では露骨に表れているのかもしれない。ネット世界の拡大速度は速すぎて時についていけず、知らないほうが幸せなこともある。ただ、これからを生きる者として、バーチャル世界から目をそらし続けることはできない。

Advertisements