Paris Attack in the media パリ同時多発テロとメディア論争

Since The Paris Attack occurred on 13th November,2015, I have seen a lot of discussion going on within the social network site, which I call parallel world, and most of them were something new, something quite different from what I have seen.
Some criticized against people who seems like only showing condolences to Paris, people who changed Facebook profile photo with its new option, and “mainstream media” only covering tragedy occurred in developed countries.
2015年11月13日のパリ同時多発テロ以降、ソーシャルメディア上で関連した話題について多くの議論がなされてきた、その大半がこれまでにはなかった視点で語られており、目新しい印象を受けた。ある人はフランスの惨事にのみ哀悼を示すことに異論を唱え、ある人はフェイスブックのプロフィール写真にフランス国旗のトリコロールのカバーを施すオプションに反対し、ある人は先進国のテロ事件にばかり焦点を当てる“主要メディア”を批判した。

Here is my opinion:
I used FB’s option because it was there, and using it would cheer someone who felt upset about the incident. Quite simple. This is a platform made by Americans so it reflects their value more. It will take a while before they think “oh, let’s make this option available to any kinds of incidents with all kinds of flags in all over the world”. When they made rainbow flag option, it went kind of universal but didn’t really hit audiences in my country where the issue is still not widely talked about. It is just one way to reflect your thoughts, and one way for FB to collect data. Such a consumer survey.
The Paris Attack can be the first incident which SNS users showed their sentiment massively and in such explicit way. When protests occurred in Taiwan and Hong Kong, some SNS users changed their profile pictures into black to show their support toward democracy, but that did not gain worldwide recognition. Therefore, that flag option ironically contributed to a greater debate. It made people aware, gave chance and base to talk about.

私の持論や意見を言わせてもらうならば、フェイスブックの機能を使ったのは単にそれが利用可能であったから、かつそれを使うことで友人・知人を励ますことができると感じたからだ。フェイスブック自体、アメリカ人が考案したプラットフォームでありアメリカ人の思想が少なからずサービスや運営に反映されるのは当たり前。「全世界のユーザーに向けて、どの国で何が起こっても同情を示せるよう世界各地の旗のオプションを用意しよう!」との発想に至るのはまだ先の話だろう。先には同性婚が米国で認可されたことを受け、レインボーのカバーを付けるオプションもあった。これはある意味グローバルに広がったが、この話題が未だにマイナーな日本ではほとんど注目を集めなかった。つまりカバーのオプションなんて単にユーザーの思想を反映するだけで、フェイスブックにとっては消費者動向を見る手法でしかないかもしれない。

パリのテロは、ソーシャルメディアの利用者が世界的大規模で、かつ見える形で感情を示した初の事例だろう。台湾や香港で民主化デモが起こった時、一部の人はプロフィール写真を黒く塗りつぶして活動への支持を示した。ただ、今回ほどの広がりをみせたわけではなく、やはりトリコロールのオプションが皮肉にもフランス以外の国(特に中東やアフリカ)へと目を向けるきっかけ、議論を交わす土壌となった。

The international or mainstream media haven’t covered the bombing in Baghdad and Lebanon and other countries much? Then, how do you define mainstream media? If you are watching news given by domestic media, it will be domestic and if that’s western media, it will be western oriented because that’s what media think customer wants. For example, Aljazeera must have done a lot of coverage compared to BBC when it comes to incidents in Middle East. Then why you are upset that it wasn’t on other media which have different kind of audiences? For example, will people in Middle East be mad at Japanese mainstream media not covering the tragedy there? Do they see the importance of letting Japanese know about their situation? I guess not. That kind of madness, in other words, asking Western/ English-speaking/ so called mainstream media, represents how the speaker values each media/country.

国際・主要メディアがバグダッドやレバノンなどで起こった爆撃について報じていないという意見もあるが、では「主要メディア」とは何か?各国で認識されている主要メディアの報道は国内向けに偏るし、欧米メディアの報道は欧米寄りになる。視聴者が求めているものを想定して選り好みするのは、どの媒体にとっても至極当然なのだ。アルジャジーラは当然、BBCよりも中東情勢の報道を多く深く行っている。中東の人は、例えば日本の主要メディアが中東情勢を逐一報道していなくとも、憤ったりはしないだろう。この「主要メディア」論争は、結局のところ主張者が各国とそのメディアをどう位置付けているかを反映しているにすぎない。つまり、欧米メディアが報じていないと批判する人は、欧米に認識してもらいたいという心理があり、報道の影響力を買い被っている。

Though Russia and Turkey are having trouble now, it seems like the world is getting united against the new enemy. But wait! It shouldn’t mean that things which the allies have done before will be written off.
Hero and villain are like the sides of a coin. Regardless which side we/they are, everyone is responsible for the bloodshed we/they caused.

I pray for the world and peace with little sacrifices.

欧米諸国が今、新たな敵に対して連携を深めている(ロシアとトルコは仲違いの様相を見せてはいるが)。だからといって、これらの国が行ってきた空爆やその他の軍事的行為は帳消しにはならない。

ヒーローと悪者はある意味コインの表と裏のようなもの。どちらに属していても、起きた惨事に対しての責任が消えることはない。犠牲が増えないことを祈るのみだ。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s