Popular representations of development: creating global alliances or reproducing inequalities? 途上国をめぐる表現の傾向:国際的連携への一歩か不平等の再形成か?

This is a summary of public lecture held at Birkbeck University in London by Professor Uma Kothari from University of Manchester

マンチェスター大学のUma Kothari教授が「Popular representations of development: creating global alliances or reproducing inequalities?  (途上国をめぐる表現の傾向:国際的連携への一歩か不平等の再形成か?)」と題し、バークベック大(ロンドン)で講演されました。以下主な内容を記載します。

Lecutre Outline 講演要約:

Most people gain their knowledge about poverty and inequality and other development-related concerns from very public representations of the lives of other people in distant places. Indeed, since the 1980s there has been a vast proliferation of campaigns, charity adverts, musical movements, fair trade marketing, celebrity endorsements and media promotions to support international development.  But do these popular representations of international development concerns and the diverse public spheres in which engagements with development take place have the potential to instil ideas of global interconnectedness, produce an ethos of care for distant suffering others and forge new kinds of global alliances? Or do popular, visual images and the increasing involvement of public figures, celebrities and the media reproduce global inequalities, obscure the structural realities of poverty and rather than forging a common humanity reinforce hierarchies between people and places? This lecture explores these issues through an analysis of historical and contemporary representations of international development and the use of popular, visual campaigns to strengthen global connections.

公のメディアが伝える“途上国の人々の生活”が、私たちが貧困や不平等、その他の彼らを取り巻く問題を知るきっかけとなっている。確かに1980年代以降は、国際援助キャンペーンやチャリティ広告、音楽イベント、フェアトレードマーケティング、有名セレブの参加といった行為が急増した。ただ、それらが人気になったり、メディア上で広がったりすることが本当の意味での国際的つながりを生んでいるだろうか?“遠くで苦しんでいる他人”を思いやる信念や新たな国際的連携につながっているだろうか?反対に、視覚イメージや公的機関・有名セレブの参入、メディアの特定の表現方法がある種の不平等を生み出してはいないか?貧困につながる現実をうやむやにし、支援側と受援側といった階層的違いを浮き彫りにしていないか?

今回の講演はこれらの疑問に対し、古くから使われているメディア表現の特徴と最近の傾向を分析しながらアプローチする。

Background information for Japanese who are new to this kind of discussion 補足情報:

従来からの途上国支援関連の宣伝や広告というのは、まず現地に住む人をいかにかわいそうに映すかという部分に重点が置かれていた。栄養失調で腹部が膨らんだ、上半身裸の子どもといった類のイメージは、時に作為的にもたらされる。援助の必要性を強調し、募金を集めるというのが広告の役目だからだ。ただ、それが彼らに対するステレオタイプを視聴者に植え付けており、各国・地域で異なる多様性や現状の複雑性などへの理解を阻んでいる。途上国をして途上国たらしめるのは、実は先進国が作り上げた見方ではないだろうか?というのがこの学術分野における背景認識である。

講演内容の後半部分しか聞けていないため、以下は上記補足情報を踏まえた上で進むと解釈してほしい。

Lecture content of what I could get to hear 講演:

Individuality in the story and representation receives more attention as they are powerful. At the same time, we cannot represent the whole village fully or equally.

There are also “resisting representations” toward dominant, ordinary representations, which gives different perspective toward people in third world. It involves sarcasm, or imagination of reality.

個人的なストーリーに落とし込んで現地の様子を伝える方が、より強力で注目を集めるというのが最近の傾向だ。これはまた、例えば1つの村を完全に、平等に伝えることはできないという事実も表している。

と同時に、これまで圧倒的だった表現への“抵抗勢力”も存在する。それらは途上国の人々に対する異なる視点や考え方を、時に皮肉や想像上の現実を交えながら伝えている。

But these differences in images can take our mind away from really thinking about political-economy issues.

ただ、抵抗勢力の存在が新たな見方を示すと同時に、それに注視するあまり途上国の課題に対して真剣に考える機会を奪っているとも指摘できる。

Civil conflicts occur from inhumane of one side and violence toward the other.Natural disasters occur from unpredictable consequence of nature, and it is more likely to draw common humanity and attention.

また、人道的支援においては紛争のような人間同士が起こす問題より、天災のように自然によってもたらされる脅威の方が、注目や援助を集めやすいという事実もある。

However, we can see one provoking image and not care about where it really came from.

Then, one provoking image can be used repeatedly in different stories.

Example of a photo of saddened boy hugging his younger sister can be titled as victim of earthquake in Bhutan, orphan looking for shelter and food in Myanmar, or anything else.

These random interpretation leads to miss-interpretation.

さらに、力強い視覚イメージに気を取られるあまり、その画が本当はどこで撮られたものなのか疑わない人が大半だ。極端な話、ショッキングな画を複数のチャリティで併用することも可能になってくる。

例えば、小さな男の子が悲しい顔をしながら妹を抱きしめる様子の写真があるならば、それがブータン大地震の被災者として、もしくは家と食料を求めるミャンマーの孤児として、もしくは全く異なる地域の存在として、公の場にさらされることも有り得る。

こういった行為が最終的に、間違った見方を生んでしまうのだ。

Discussion in Q and A質疑応答とディスカッション:

1) The consumers construct identity through consumption such as sticking with Fair-trade chocolates but it also is not clear how it really makes difference. It can bring attention but casts away thinking the issue carefully and critically.

フェアトレードのような消費者活動が、途上国への意識向上という個人のアイデンティティ形成につながることもある。と同時に、各種活動にどれだけの効果があるか深く吟味することをやめてしまう懸念もある。

2) What can we do to flip so called Western way of representing others? What is the alternative? Thinking critically and change behavior, find the organization which you can really trust from the way these organization tackle complex issues. Not everything is “money-issue”

では、よく言われる“西欧(先進国)目線で伝える他者”の構図をひっくり返すにはどうするべきか?批評的に考えることや態度を変えること、各団体が課題にどう向き合っているかを見て本当に信頼できる組織を見つけることではないだろうか。全てがお金で解決するわけではない。

3) In the case of “take back our girls” campaign, the issue has not shed a light on for a while before the tweeting trend and political actions of Western society comes out. It also involves with political discourse and political interest.

テイク・バック・アワ・ガールズ(私たちの女の子を返して)キャンペーンの時は、実際の事件が発生してからツイッターを使った活動と西欧諸国の対応に至るまでずいぶん時間差があった。これも、政治的な都合や言説があったと疑わざるを得ない。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s